スポーツジムで見かけたイマイチなポスターの話

MENU

スポーツジムで見かけたイマイチなポスターの話

常々、ネットビジネス、アフィリエイトで収益を上げ続ける為に影響力の武器を勉強していますが、スポーツジムで見かけたイマイチなポスターがあったので、その話をします。

 

脱サラして、家で気ままに働くようになると、良いことばかりでは無いですね・・・運動不足、これ地味に問題になってきます。

 

サラリーマン時代は、工場の事務方の仕事でしたが、事務方とは言え通勤とか、工場内を徘徊する機会も多く、なんだかんだ言って、運動をしているものです、お昼休みはウォーキングしてましたしね・・・

 

でも、自宅で働くようになると哀れなものです・・・運動と言えば、トイレにいく、お茶をくみに行く程度・・・わずか数十歩ですよ。

 

というわけで、必然的にスポーツジムに通うようになるわけですが、そこのシャワールームで見かけたポスターが

 

これはイマイチだよね〜

 

という代物だったので、それを紹介します。

イマイチなポスター

 

件のポスターはこちらです

 

スポーツジムで見かけたイマイチなポスターの話

 

影響力の武器をしっかり学んでいれば、そのイマイチさが伝わって来るわけですが。
影響力の武器には社会的証明という武器があります

 

関連記事⇒社会的証明の恐ろしさを実体験した話

 

人が判断をする時に用いる重要な判断基準は、他の人がそこで何を信じているか
どのように行動しているかを見ることである。

 

 

と、社会的証明の項では解説がなされているわけですが、わかりにくいと思うので、わかりやすく例えるとですね・・・

 

 

赤信号みんなで渡れば怖くない

 

 

僕らの時代に流行った、ビートたけしのブラックなジョークがありますが。

 

 

 

つまり、赤信号を1人だとなかなか渡りづらいですよね?
みんながじっと待っているのに、そこに単騎駆けを決行するのは勇気がいるわけです。

 

でも、周りのみんなが赤信号でも渡っていたらどうですか?
周りみんながしてるから、僕もそれにならって渡ってしまおう・・と思いがちですよね?

 

 

まさに、人が判断をする時に用いる重要な判断基準は、どのように行動しているかを見ることである、となるわけですが。

 

 

本題に戻って、ポスターですが。

 

スポーツジムで見かけたイマイチなポスターの話

 

 

マナーを守っていますか?

 

 

と僕達に問いかけて来ています、まるで、僕達が

 

 

マナーを守ってないと言いたげですよね

 

 

このポスターを見る限り、受ける印象としては、マナーを守っていない人が多いんだろうな・・・と印象を受けます。

 

マナーを守っていない人が多いんだろうな・・・つまり、赤信号みんなで渡れば怖くない理論が頭をよぎります。

 

みんなが守ってないのに、なんでオレだけ真面目に守らなきゃいかんのよ、アホらし!!
と思う方がいるかもしれません。

 

 

この場合どういった表記をするのが最適だと思いますか?
みんながマナーを守っていることをアピール出来れば。

 

みんな守ってるのか、じゃあオレも守らなきゃ・・・ってなりますよね?
最適なのは

 

 

いつもマナーを守ってくださりありがとうございます

 

 

ですね、それに守っていますか?では疑われていそうでいい気分はしません。
いつもマナーを守ってくださりありがとうございますの方が、顧客を肯定することになりますから
悪い気持ちにはなりませんよね?

 

 

ほんの少しの言葉の掛け違いが大きな差を生むことになりかね無いです。
顧客心理を学び、それを武器に変えることは、ネットビジネスをやる上でおそろしいほどの武器になります。

 

僕が通っているスポーツジムは、全国にチェーン展開する、有名なジム、ア○トスですが
そこの従業員ですら、こういった初歩的な顧客心理がわかっていないことが、よく分かる事例でした。(ジム内でもいろいろな商品を紹介、販売してますが、もっとうまい売り方あるのになぁ・・と思うことが多々あります)

 

 

普通知らないんですよ、顧客心理、人間心理を利用した、販売戦略なんて
全国にチェーン展開する企業ですらわかっていません。

 

 

でも、ネットビジネスで稼ぐ人はすべからく使っていますし、もはや
こういった、顧客心理学は当たり前です。

 

 

僕はネットビジネスに関するあらゆる知識を学習していますが
ネットビジネスはセールスの最先端を行っていると、町で残念なものを見るたびに思うわけです。

 

 

 

PS

 

今回の話は「影響力の武器」という本をもとに作っています。
もし良ければ、読んでみてください。

 


影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

 


影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

 

 

合わせて読みたい関連記事

 

ネットビジネスやアフィリエイトで楽したいなら仕組み作りを意識する
自由への仕組み作り
ビックリマンチョコにみる希少性の販売戦略
仕事のモチベーションが低下するまで作業を続けて一度に休む

影響力の武器と販売戦略