情報発信の時に気をつけていること

MENU

情報発信の時に気をつけていること

自分の好きな情報を発信して稼いでみよう


ネットビジネスで100%失敗する人の条件とは?ビジネスを最短で成功する方法これまでビジネスに関する話を色々してきましたが。今日は逆に100%、ビジネスで成功できない人の話をします。一言で言えば、完璧主義の人は成功できません。関連記事⇒完璧主義診断をやってみた、完璧主義者のためのネットビジネス指南
この話は複数の記事で成り立っています第一章 時給27.4円で働いたり、与えられた48時間の自由すら満足できなかった話第二章 マネーツリーに憧れて、ベーシック・インカムに徹底的に拘ってます第三章 赤ちゃんが欲しいなと思ってももう遅いかも、でもやったことに悔いはない第四章 「奪う」から「先に提供する・共有する」のビジネスへ←いまはここ第五章 未定前回の第三章、「赤ちゃんが欲しいなと思ってももう遅いかも、でもやったことに悔いはない」を読んだ読者さんから何通かメールをもらいましたがその中の一通を紹介します。こんにちは。Jです。いつもお世話になってます。今まで、「自由への仕組み作り」のブログの個別記事は...
ビジネスにはブランディングという考え方があります。これは何もネットビジネスに限ったことではなく大企業もやっていることなので特別なことではありません。ブランディングとは自分のブランドイメージを作り上げることです。例えば「MADE in JAPAN]この言葉のイメージはどんなイメージがありますか?「安心」「安全」「高品質」「とりえず問題ない」ですよね。これがMADE in JAPANのブランドイメージです
アフィリエイトしても商材が売れないのは稼げ無いのは情熱が足りてないだけです。僕は昔、飛び込みの営業を1ヶ月だけ経験したことがあります、あまりにも辛すぎて、1ヶ月で逃げるようにやめてしまったのは、今では黒歴史ですが。若いうちになんでも経験しておくものだなぁ・・・と今になって思うわけですがその時、先輩に教えられたことがあります。「売りたいならまず、商品をトコトン好きになれ」飛び込みの営業ってめっちゃ辛い仕事でしたけど、そこで教わったことは今でも脈々と活かされてます。
僕はお問い合わせの欄に必ず”返信は早いと思います”と一言付け加えるんですが、遅いメール返信ではネットビジネスで信頼は得られません、可能な限り早く、内容のメール返信を心がけたいものです。ところで誰かのサイトをみてメールで質問した事ってありますか?その時の反応どうでしたか?早かったですか?遅かったですか?内容は的確でしたか?適当でしたか?返信を受けたとき何を思いましたか?
僕の所に寄せられる悩みの中で、地味に多いのが、腰痛と目の疲れ・・・ネットビジネスはパソコン作業が多いので、腰痛と眼精疲労で悩む方が多いんですが、今回は、腰痛改善の為に僕が取り組んだ長友の体幹トレーニングメニューを紹介します。まず、事実として腰痛は改善します事実は事実ですが、今回お話する長友の体幹トレーニングメニューが全ての方に有効かどうかはわかりません。でも、少なくとも僕は改善しましたし、一度、せどりでサポートしていた方に今回紹介する、長友の体幹トレーニングメニューを進めたことがあるんですよ。その方はすごくやる気がある方だったんですが、どうにも腰痛がひどかったらしく、立っているのが辛いというこ...
長くネットビジネスをやるならハンドルネームはシンプルな名前の方がいいです。今回はネットビジネスに最適なハンドルネームはシンプルの決め方についてお話していきます。ハンドルネームとは、インターネットをはじめとしたネットワーク上で活動するときに用いられる別名のことである。 つまりネット上のペンネームです。wikiより一部引用どんな名前を付けようと大きお世話だ!!個人の名前なんだ、好きに付けてもいいだろ!!という意見もあると思いますが、これからネットビジネスを真剣に続けていくというのであれば、少しだけ僕の話しを聞いて下さい。
完璧主義診断をやってみたら60%とどっちつかずの結果でした、どうやら僕は、完璧主義でもなければ、いい加減な人間でもないようですが(笑)完璧主義者すぎるというのは、ネットビジネスやアフィリエイトをやる上で大きな足枷、デメリットになりますので、自覚がある方は注意が必要です。先日、サポートしている方の動画を添削させてもらいましたが、素人が作ったとは思えないほど凝った編集がされていて、度肝を抜かれました。その方が、映像編集を職業としていて、プロだから中途半端なものは出せないという思いで制作したのならわかります、名前にキズが付きますしね。もしくは、編集作業は慣れているから、これくらいの動画なら朝飯前でで...
ネットビジネス、アフィリエイトで楽したいなら仕組み作りを意識しましょう、仕組み作りは、プラモデルを組み立てるような楽しさがありますよ。ネットビジネスやアフィリエイトは楽して稼げないというのが世間一般の認識ですし僕もそうだと思っています。楽して稼げない、たしかにそうだとは思いますが、だからといって楽することを放棄するという意味ではありません
ネットビジネスやアフィリエイトの媒体(ブログ、メルマガ、動画等)に見込み客を常連客にする仕組みを取り入れて、収入を最大化させる方法を紹介します。先日、常連客セミナーを行いましたが、セミナーでは、政治家のように情報発信者として理念を持ち、その理念を発信し続けましょうと解説しました。というのも、僕は先日の衆議院選挙の選挙演説を見ている時にはっとなって閃いたんですが。政治家って、ファンを作るプロじゃない?考えてみれば、当たり前なんですが政治家の最大の仕事っていかに有権者の支持を集めるかってことですよね。支持者とはイコール「ファン」とも言えるし「常連客」とも言えます、政治家たちは、日夜、ファンを獲得す...
サイト開設初期は、検索エンジンからのアクセス数があまり見込めませんがその時期こそ一番重要です。グーグル先生はツンデレな性格で、新人を嫌います。グーグル先生は、とにかく新人が大嫌いですできたばかりのサイトなんか、歯牙にもかけません、見向きもしません、声すらかけてもらえません、どこの馬の骨かわからない奴のサイトなんか、検索結果に載せたくありません。それよりも、昔からの馴染みのあるサイトを優先してかわいがってくれます。グーグルはそういう、新人にはやたらと厳しい先輩とでも、思って下さい、だから最初は非常に付き合いにくい相手です
サイト作成手順で気をつけていることですネットビジネスやアフィリエイト系サイトを作成する時の手順なので通常の、趣味的サイトの手順とは異なります、ご注意ください。通常のサイト作成であれば、まずはデザインを整えて、タイトルもしっかり考えて・・・といった、サイトの体裁を整えるところから着手する方が多いと思いますが、僕の場合は、真逆でとにかく、個別記事を上げまくるところから、着手します。
ネットビジネスとかアフィリエイトのサイトを作成してもそもそも記事は読んでくれないし、胡散臭いとさえ思われてるものです。好きなアイドルのブログ、好きな俳優のブログ・・・・だったら、そりゃ隅々まで読まれます。大好きな人が書いている記事ですもんね。でも、今、自分もこうやって一生懸命記事を書いているわけですが。大半の人は、僕のことなんて好きでもないだろうし、興味もない人が読んでくれているはずです。好きでもない、興味も無い人の記事を、隅々まで読みますか?読まないですよね、多くの人は流し読みして、ざっくり記事を読んでるだけの人が多いはずです。
読まれるサイト作成の基礎知識ということで改行は強く意識したいところです。人に好まれるサイトの作り方、ということで、特に意識しているのは改行です。この改行のテクニックは最終的に、メルマガに活かすことが出来るので強く意識したいものですメルマガは改行で”間”を作ることによって、単調な文章が躍動感のある文章へと変貌します。
自分はSEOは詳しくないんですが(最低限度知っておかないといけない知識くらい)今回は、個別記事(エントリーページ)の文字数について・・・個別記事を書く時に、文字数はSEO的に何文字以上必要とか、色々言われてます自分は500文字以上は欲しいところと思っていますが。中には2000文字以上必要という人もいます。(2000文字って結構たいへんな文字数ですよね・・・)
情報発信をすることでネットビジネスやアフィリエイトの収入は自然と増えていきます。情報発信の質を高める為にもっともてっとり早いのは学んだことを発信するのが一番てっとり早いです。情報発信始めたけど・・・・書くことないわぁ・・・となった時は、本の一冊でも読めばいいですよね。読んで学んだことを、自分の言葉にして発信すればネタはいくらでも出てきますし。学ぶことで、自分の成長にもつながります。
背伸びをして、ネットビジネスやアフィリエイトをしてもいいことは何もないと思います。背伸びをするとは、稼げてもいないのに、稼げているフリをする実力がないのに、実力があるフリをするということですがこれ、一回やっちゃうと歯止めが効かなくなります。一度ついた嘘は、嘘で、嘘を塗り固め、やがて破滅へと辿り着きます。まぁ、2,3年パッと稼いで、買った人のことなんか俺は知らないよ!!っていう下衆の極みな情報発信者ならそれでもいいのかもかもしれませんが・・・